楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

Vol.1364ハタラクさんの毎日

Vol.1364ハタラクさんの毎日 朝から演歌!?

2018.09.14

ある朝の五反田駅での出来事です。
何か様子というか、空気が違うぞ。
朝の通勤時の雰囲気と何か違う。
ん!? 音? いや、音楽??
え、演歌が聞こえるー!!

美空ひばりさんの『川の流れのように』が聞こえたんです。
駅の改札を出た瞬間から聞こえてきた演歌。
生の歌のようにも聞こえる、でも音の出どころがわからない。
と、辺りをきょろきょろしてみると、
全身白い服装の30代と思われる男性がマイクを持って
熱唱しているではありませんか!!
朝から演歌、しかも生。

彼が堂々と歌っている姿にも驚きましたが、
それ以上に朝に演歌というマッチングが
なんとも言えず・・・。

時間帯と音楽の関係性も
とても大切。朝の演歌はちょっと切ない(笑)



今思えば、先の男性は
朝に演歌というミスマッチさで、
自分の歌の印象を残そうとしていたのかもしれませぬな。



Relax & Enjoy♡

Writer Profile

河田実紀
河田実紀Kawada Miki

株式会社ハタラク社代表/編集者
大学卒業後、出版社に入社。主に雑誌の編集に携わる。2011年、女性雑誌の編集長に就任。2013年5月独立。大好きな編集の仕事を軸に、今の時代だからこそできる出版の力を見出そうと、「一度きりの自分の人生、楽しんで生きる!」と決め、一歩を踏み出す。2014年12月22日に(株)ハタラク社設立と同時に、WEBマガジン『ハタラク』を開設。

Back Number

ページトップ